写真

高層マンションや商業施設の工事=2018年6月28日、東京都江東区

不動産経済研究所が18日発表した今年上半期(1~6月)の首都圏(1都3県)のマンション発売戸数は、前年同期比13.3%減の1万3436戸だった。上半期としては3年ぶりの減少で、1万959戸だった1992年以来の低水準。各社が在庫の圧縮に注力し、新規の発売を絞り込んだためとみられる。 マンション1戸当たりの平均価格は前年同期比2.9%上昇の6137万円となった。上昇は7年連続で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング