写真

ホルムズ海峡付近で攻撃を受けた後、アラブ首長国連邦沖に停泊する日本のタンカー=6月19日(ロイター=共同)

【テヘラン共同】中東のホルムズ海峡周辺で米国が船舶警護の有志連合結成を呼び掛けていることを受け、イランが日本や英独仏を含む少なくとも7カ国に対し、「ペルシャ湾の緊張緩和につながらない。イランは歓迎しない」と外交ルートで通告し、有志連合に参加しないよう促したことが18日、分かった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング