写真

開票センターで当確者の名前を張る国民民主党の玉木代表=21日午後9時13分、東京・永田町の党本部

国民民主党の玉木雄一郎代表は「家計第一」の経済政策への転換を掲げて党勢拡大を狙ったが、改選8議席を下回ることが確実になった。玉木氏は選挙終盤、改選1人区で国民が擁立を主導した無所属の野党統一候補が勝利した場合、国民の獲得議席数に含める考えに言及し責任論に早くも予防線を張っている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング