写真

火力発電の燃料などに使うLNGを積んでオーストラリアから新潟県の港に到着したタンカー=2018年10月

大手電力の10月の家庭向け電気料金の見通しが19日、分かった。全10社が9月に比べ値下げとなる。火力発電の燃料に使う液化天然ガス(LNG)や石炭などの価格下落を反映する。LNGを原料とする大手都市ガス4社も値下げの見込みだ。 消費税率は10月1日に10%に引き上げられる。ただ電気、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング