【ロンドン共同】世界全体の金融機関を除く事業会社や家計、政府部門の債務残高が2018年に180兆ドル(約1京9千兆円)に達し、リーマン・ショック前の07年から1.6倍に拡大したことが19日、国際決済銀行(BIS)の調べで明らかになった。 中国をはじめ新興国の債務がとりわけ増大傾向にある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング