写真

国民民主党の総務会に臨む玉木代表(中央)=21日午後、東京・永田町の党本部

国民民主党の玉木雄一郎代表は21日、衆参の会派合流で合意した立憲民主党が主導する「原発ゼロ基本法案」への賛否について明言を避けた。「別の政党だった時に別に作って提出した法案だ。最終的な法案の扱いは採決などの時に考える」と述べた。熊本市で記者団の質問に答えた。 原発ゼロ法案は、法施行後5年以内に全原発の廃炉を目指すことが柱。昨年3月、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング