写真

東北新幹線はやぶさ46号が緊急停止した場所、宮城県柴田町

21日午前10時15分ごろ、東北新幹線の仙台発東京行きはやぶさ46号が、仙台―白石蔵王間を走行中に9号車のドアが開いたことを示す表示が出たため、運転士が緊急停止させた。車掌が点検した結果、ほぼ開いた状態だった。車掌がドアを閉めて安全を確認し、はやぶさは約15分後に運転を再開した。 JR東日本によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング