東京電力福島第1原発事故に伴い、福島県が東電に損害賠償を求めた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、東電が約10億円を支払う方向で和解する見通しとなったことが21日、分かった。 県財務課によると、東電も和解の姿勢を示しており、成立すれば、県と東電のADRの和解は2017年に続き2回目となる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング