写真

国広東省深☆(土ヘンに川)の空港にあるファーウェイのロゴ=7月(ロイター=共同)

【北京共同】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の任正非最高経営責任者(CEO)は21日までに、社内文書で「会社は存亡の機にある」との認識を示した。米国による制裁を克服するため、製品の研究開発を強化すると社員に呼び掛けた。 任氏はファーウェイは「戦時状態」にあると表明。全力で販売を拡大し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング