携帯撮影「ナンバー記録」と供述 常磐道あおり殴打事件、同乗の女

共同通信 / 2019年8月23日 16時39分

茨城県守谷市の常磐自動車道で起こったあおり殴打事件で、傷害容疑で逮捕された会社役員宮崎文夫容疑者(43)の車に同乗していた交際相手の喜本奈津子容疑者(51)が、携帯電話で現場の様子を撮影した理由について「相手の車のナンバーを記録するためだった」と供述していることが23日、捜査関係者への取材で分かった。 捜査関係者によると、喜本容疑者は「殴りだして驚いたが、止められなかった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング