写真

自動車用品販売店のドライブレコーダー売り場=神奈川県

家計に影響を与える商品価格やサービス料金を毎月調べる「小売物価統計調査」を巡り、総務省は約500品目ある調査対象を見直し、2020年1月分から27品目を追加する。変更は家計消費の移り変わりなどを反映して5年ごとに実施。今回は茨城県の常磐自動車道で8月に起きた、あおり運転殴打事件で販売が急増したドライブレコーダーも含まれている。 消費者の健康志向を反映し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング