写真

香港の政府本部庁舎に向かって、火炎瓶を投げる若者=15日(共同)

【香港共同】「逃亡犯条例」改正案を発端とした政府への抗議活動が続く香港で15日、市民らが再び大規模の無許可デモを決行した。一部デモ隊は、香港政府本部庁舎に向けて火炎瓶を投げるなど過激化。警察は催涙弾を用いて強制排除に乗り出した。 同日は国連が定めた「国際民主主義デー」に当たり、参加者は中心部の幹線道路を占拠し「香港を取り戻せ」と叫びながら行進した。 香港政府は4日に改正案の撤回を表明したが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング