写真

取材に応じる米国防産業大手ノースロップ・グラマンのオム・プラカシュ駐日代表=8月、東京都港区

米国防産業大手ノースロップ・グラマンの新駐日代表オム・プラカシュ氏は16日までに、航空自衛隊の主力戦闘機F2の後継機開発を巡り、競合に参画する意向を明らかにした。日本政府が日本主導の国際共同開発を選択した場合には、日本企業に重要な技術についても情報を開示する用意があるとの認識を示した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング