写真

18日、ワシントンで記者会見する米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長(UPI=共同)

【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる米連邦準備制度理事会(FRB)は18日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、米中貿易摩擦による景気悪化を防ぐため政策金利の引き下げを決めた。7月の前回会合に続き2回連続の利下げで、下げ幅も同じ0.25%。減速リスクが高まれば、追加金融緩和の実施を視野に入れる構えだ。 FRBに先立ち、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング