写真

観光客らが行き交うバンコクのカオサン通り=3日(共同)

【バンコク共同】安宿や露店が密集し、バックパッカーの「聖地」とされるタイ首都バンコクのカオサン通りで、大規模改修工事が10月から始まることになった。より安全で清潔な場所にする目的だが、独特の混沌とした雰囲気は失われそうで、規制を強める当局に反発の声も上がる。 カオサン通りは長さ約400メートル。1泊80バーツ(約280円)程度の簡易宿舎もあり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング