【テヘラン共同】サウジアラビア東部の石油施設攻撃を巡り、イランのザリフ外相は19日放映の米CNNとのインタビューで、米国やサウジが打ち出すイラン犯行説を改めて否定した。イランは疑惑を徹底して否定する方針で、サウジ国防省が発表した無人機の破片など、イラン関与を示す「証拠」にも取り合わない構えだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング