【ニューヨーク、テヘラン共同】イランの国連代表部は19日、ニューヨークで開かれる国連総会に出席するロウハニ大統領とザリフ外相に対し、米政府がビザ(査証)を発給したと明らかにした。イラン政府内では、サウジアラビアの石油施設に対する攻撃で、イランが関与したと名指しで非難している米国がビザ発給を故意に遅らせているとの見方が出ていた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング