写真

原発の核燃料の扱い

原発でいったん使った後、再び利用するため保管中の核燃料が、全国の原発に約2460トンあることが電力各社への取材で23日、分かった。まだ使える状態だが、原発が廃炉となり転用もできなければ使用済み燃料に切り替わる。全国の使用済み燃料は既に約1万8200トンある。将来的な扱いの見通せない燃料が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング