日本製紙は10日、オーストラリア製紙大手のオーロラ社から、主に段ボールを生産する事業を17億2千万豪ドル(約1240億円)で買収する契約を結んだと発表した。紙の国内需要が減少する中、成長が見込める海外事業を強化する。 オーロラ社は主にオーストラリアやニュージーランドで事業を展開。古紙の回収から加工、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング