【ニューヨーク共同】ロイター通信は10日、米航空機大手ボーイングが、旅客機「737NG」810機を世界的に検査したところ、38機で修理と交換が必要な亀裂が見つかったと報じた。対象機は修理が終わるまで運航を停止する。日本の航空会社が含まれるかどうかは不明。 亀裂が見つかったのは、飛行機の翼を胴体に取り付ける部品。米連邦航空局(FAA)が先週、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング