写真

米連邦議会議員らとの会談を終え、記者団の取材に応じる沖縄県の玉城デニー知事=16日、ワシントン(共同)

【ワシントン共同】沖縄の米軍基地の負担軽減を訴えるために訪米中の玉城デニー沖縄県知事は16日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設の阻止に向け、首都ワシントンで連邦議会議員らへの働き掛けを始めた。 玉城氏によると、この日は上下両院の計3議員らと会談。玉城氏は2月の県民投票で辺野古沿岸部の埋め立て反対が7割超を占めたことや、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング