台風19号で大きな被害を受けた東日本や東北で18日から19日にかけ、低気圧や前線により大雨となる恐れがある。地盤が緩くなっていたり河川の堤防が損傷したりした地域では、少しの雨でも災害の危険度が高まるため、十分な警戒が必要だ。 気象庁によると、本州付近に発生した低気圧が北東に進む見通し。18日に東日本から天気が崩れ始め、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング