ゴーン前会長、全面無罪を主張 弁護団が東京地裁に書面提出

共同通信 / 2019年10月17日 19時25分

会社法違反(特別背任)と金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で起訴された前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)の弁護団は17日、いずれも無罪を主張する書面を東京地裁に提出した。詳しい内容は明らかにしていない。 地裁は検察、弁護側と争点を絞り込む公判前整理手続きを進めており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング