写真

1945年2月、米海兵隊が硫黄島の摺鉢山に星条旗を掲揚する姿をとらえた写真(AP=共同)

【ロサンゼルス共同】米海兵隊は17日、太平洋戦争の激戦地、硫黄島の摺鉢山で1945年2月に星条旗を掲揚した瞬間をとらえた写真に写っている米兵6人のうち1人について、これまで別人と取り違えていたと発表した。民間の歴史家3人の指摘を受け、連邦捜査局(FBI)も協力して調査、結論付けた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング