政府は20日、国境を越えて活動する企業の過度な節税策に対し、規制を強化する方針を固めた。多額の利益を稼ぎながら、海外子会社の配当や株式譲渡を組み合わせて法人税の支払いを免れる手口に網をかける。ソフトバンクグループがこうした枠組みを活用していたことを念頭に、適正に課税する体制を整える。 財務省が具体策を詰め、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング