写真

23日、カナダ・オタワで記者会見するトルドー首相(ロイター=共同)

【ニューヨーク共同】カナダのトルドー首相は23日、与党自由党が過半数割れした21日の総選挙後初めて記者会見し、西部の油田地帯から太平洋岸に至る石油パイプラインの建設計画を続行する考えを表明した。トルドー氏が政権運営の協力を求めるとみられる左派の野党、新民主党などは建設に反対しており、難しい交渉となりそうだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング