写真

国連本部で記者会見するキンタナ特別報告者=23日、米ニューヨーク(共同)

【ニューヨーク共同】北朝鮮の人権問題を担当する国連のキンタナ特別報告者は23日、国連本部での記者会見で、北朝鮮が国連人権理事会の作業部会による勧告のうち「国際労働機関(ILO)に関連する勧告」に関心を示していたと述べ、制裁緩和後に向けた労働環境の整備を進めているとの見方を示した。国際基準に見合った待遇や透明性を指すとみられる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング