JR九州が運転士の人手不足懸念を背景に、独自方式の自動列車運転装置(ATO)の導入を目指して技術開発を進めている。運転士の資格がない係員を乗務させる実証実験の2021年度までの開始を目指す。しかし、国土交通省は実用化について「現在導入されているATOより安全性が低く、認可には十分な検討が必要」と懸念、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング