定食チェーンを展開する大戸屋ホールディングス(HD)が12日発表した2019年9月中間連結決算は、本業のもうけを示す営業損益が1億円の赤字(前年同期は1億円の黒字)に転落した。中間決算の営業赤字は01年のジャスダック上場(当時は店頭市場)以来初めて。定番商品の値上げなどが響き、国内既存店の客数が減少したことが影響した。 純損益も1億円の赤字となった。売上高は前年同期比3.3%減の123億円だった。4月のメニュー改定で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング