発達する低気圧の影響で14~16日に北日本の日本海側を中心に暴風雪や大雪、高波の恐れがあるとして、気象庁は13日、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害に警戒を呼び掛けた。北陸でも14日に暴風となりそうだ。 気象庁によると、低気圧が急速に発達しながら日本海北部を北上し、西高東低の冬型の気圧配置が強まる見込み。また、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング