日本大アメリカンフットボール部の悪質反則問題で、東京地検立川支部は15日、傷害容疑で告訴されていた内田正人前監督(64)と井上奨元コーチ(30)、反則行為のタックルをして傷害容疑で書類送検された宮川泰介選手(21)を不起訴とした。 内田前監督と井上元コーチは嫌疑不十分、宮川選手は負傷した選手側と示談が成立していることを考慮し、起訴猶予にしたとみられる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング