写真

15日、ソウルの大統領府で会談する文在寅大統領(右端)とエスパー米国防長官(左奥)(韓国大統領府提供=共同)

【ソウル共同】米国のエスパー国防長官は15日、23日午前0時に失効する日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)に関し、韓国側の破棄決定を見直して維持すべきだとの考えを鄭景斗国防相に伝えた。鄭氏は、日本の輸出規制強化の撤回が前提になるとし、米国に日本への働き掛けを促した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング