新潟市西区で昨年5月、下校中の小学2年の女児=当時(7)=が連れ去られて殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた小林遼被告(25)の裁判員裁判公判が18日、新潟地裁で開かれ、被告人質問があった。弁護側から遺族への気持ちを問われた小林被告は「癒えない傷(を負わせ)、不自由な思いをさせてしまった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング