覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた男性被告(61)に、横浜地裁(田村政喜裁判長)が無罪判決(求刑懲役3年6月)を言い渡したことが21日、分かった。20日付。神奈川県警の任意捜査で違法行為があったと認定し、男性の尿の鑑定書について証拠能力を否定した。 判決によると、男性は昨年8月21日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング