政府が来月上旬にまとめる経済対策の概要が21日、判明した。日米貿易協定の発効に備えた農業支援策として、2019年度の補正予算に3200億円程度を計上する方向で調整。自動ブレーキなど先進的な安全機能を備えた「安全運転サポート車(サポカー)」の普及に向け、65歳以上を対象に新車購入時に10万円をめどに助成することも検討している。 ドローンなど先端技術を使ったスマート農業の促進や、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング