写真

実際に走行している車に搭載した通信機器を使い、走行可能な道路を地図に反映したトヨタ自動車の「通れた道マップ」(トヨタ自動車のHPから)

台風や地震などの大規模災害が深刻化する中、実際に走行している車に搭載した通信機器を使い、走行可能な道路を迅速に反映した地図が活用されている。トヨタ自動車とホンダがホームページなどで公開しており、インターネットで手軽に道路状況が確認できるのも強みだ。 トヨタは2011年の東日本大震災を機に「通れた道マップ」の公開を始めた。通信機器を搭載したトヨタ車の走行データや、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング