東海道新幹線で昨年6月、乗客3人が殺傷された事件で殺人や殺人未遂の罪に問われた小島一朗被告(23)は3日、横浜地裁小田原支部の裁判員裁判の弁護側被告人質問で、「子どものころから刑務所に入るのが夢だった」と述べ、中学生のころに両親や叔父に対して包丁を向けたり、金づちを投げつけたりしていたと明らかにした。 新幹線の車両内を選んだ理由を問われると「パッとひらめいて、それ以外は考えなかった」と主張。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング