写真

9日、北京で開かれた中国新疆ウイグル自治区幹部の記者会見(共同)

【北京共同】中国新疆ウイグル自治区の複数の幹部が9日、北京で記者会見し、米下院が可決したウイグル人権法案は「中国の内政への干渉であり、赤裸々な覇権行為だ」と非難、反対を表明した。共同通信など国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が報じた少数民族ウイグル族への弾圧についても否定し、国際社会に広がる懸念の払拭を図った。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング