写真

東京パラリンピックの準備状況を確認する事務折衝であいさつするIPCのアンドルー・パーソンズ会長=11日午前、東京都中央区(代表撮影)

2020年東京パラリンピックの準備状況を確認する国際パラリンピック委員会(IPC)と大会組織委員会の第8回事務折衝が11日、東京都内で始まり、IPCのアンドルー・パーソンズ会長は冒頭のあいさつで「ラグビーのワールドカップ(W杯)で日本国民は大いに熱狂した。来年のパラリンピックは、さらに大きなインパクトを与えられると確信している」と期待を込めた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング