政府は、少年法の適用年齢を現行の20歳未満から18歳未満へと引き下げる少年法改正案について、通常国会への提出を見送る方向で調整に入った。公明党の反対が根強く、提出に必要な与党の手続きで了承を得られるめどが立たない状況が背景にある。関係者が14日、明らかにした。 少年法の適用年齢引き下げは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング