写真

ワシントン州の空港で駐機するボーイングの「737MAX」=2019年12月、レントン(AP=共同)

【ニューヨーク共同】米航空機大手ボーイングは14日、2019年の民間機の納入数が前年比53%減の380機だったと発表した。2度の墜落事故を起こした主力機「737MAX」の出荷停止が響き、11年以来、8年ぶりに世界首位の座から陥落した。 欧州のエアバスが8%増の863機で首位を奪還。キャンセルや変更を反映した受注数も、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング