写真

スバル本社=東京都渋谷区

SUBARU(スバル)は15日、2020年の世界生産が前年比11%増の110万台と、過去最高になるとの計画を発表した。販売が好調な米国など海外需要に対応する。国内生産が一連の検査不正を受けた減産などから回復し11%増の69万台、海外生産も11%増の41万台とした。 19年の国内生産実績は6%減の61万9千台だった。検査不正への対応で群馬製作所(群馬県太田市)の生産ペースを19年9月まで落としていたほか、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング