写真

カーリング混合団体準々決勝のカナダ戦でショットを放つ田畑=シャンペリー(共同)

【ローザンヌ(スイス)共同】原則15~18歳が対象の第3回冬季ユース五輪第7日は15日、スイスのローザンヌなどで行われ、カーリング混合団体の準々決勝で日本はカナダに延長の末に5―4で競り勝ち、準決勝進出を決めた。 チームは日本選手団の主将を務めるカーリング女子の田畑百葉(北海道・大麻高)ら女子2人、男子2人で構成される。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング