写真

米ボーイングの主力機「737MAX」の胴体が置かれた生産拠点=10日、ワシントン州レントン(ロイター=共同)

【ニューヨーク共同】米航空機大手ボーイングは17日、2度の墜落事故を起こし運航停止中の主力機「737MAX」で、新たなソフトウエアの不具合が見つかったことを明らかにした。事故は自動失速防止装置のソフトの不具合による誤作動が原因とされている。運航再開に必要な米当局からの承認取得がさらに遅れる可能性もある。 不具合は先週、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング