大相撲初場所8日目の19日、立行司の第41代式守伊之助が結びの一番の豪栄道―阿炎で軍配差し違えをして、打ち出し後に八角理事長(元横綱北勝海)に口頭で進退伺を申し出た。理事長からは「(行司の)最高位だから気を付けるように」と奮起を促された。 式守伊之助は土俵際で阿炎のはたきに落ちた豪栄道に軍配を上げ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング