SUBARU(スバル)は20日、2030年までに世界販売台数の4割以上を電気自動車(EV)もしくはハイブリッド車(HV)にするとの長期目標を発表した。30年代前半には、生産・販売する全ての車に電動技術を搭載することも掲げた。こうした目標を達成するため、他社との連携も含めながら関連技術の拡充を目指す方針だ。 スバルの中村知美社長は東京都内で開いた記者会見で「変革の時代でも、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング