日銀は20日、2日間の日程で金融政策決定会合を開き、昨年10月の消費税増税後の景気や海外経済の動向を点検した。政府が昨年12月に決めた経済対策で景気は上向くとみて、21日の会合後に公表する「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、2020年度の実質国内総生産(GDP)の成長率見通しを昨年10月時点の0.7%から小幅に引き上げる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング