写真

金融政策決定会合に出席するため、日銀本店に入る黒田総裁=21日午前

日銀は21日、2日目の金融政策決定会合を開いた。短期金利をマイナス0.1%とし、長期金利は0%程度に誘導する現行の金融緩和策を変更するかどうか判断する。円ドル相場が安定していることなどから、追加の金融緩和を見送る方向で議論が進みそうだ。 政府による事業規模26兆円の経済対策を踏まえ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング