中国湖北省武漢市で発生した新型肺炎の感染拡大を受け、日本企業には現地への出張を控える動きが広がっている。NTTドコモ、東京電力ホールディングス、豊田通商などは23日、中国全土への不急の出張を見送るよう社内に指示したことを明らかにした。 JTBのグループ会社は2、3月に予定していた武漢発着のツアーを中止。日本でマスクが増産されるなど、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング