【ニューヨーク、ロンドン共同】新型コロナウイルスによる肺炎の拡大に伴って経済活動が停滞し、燃料需要が減るとの観測から原油相場が下落基調になっている。27日のニューヨーク原油先物相場は5営業日続落。指標の米国産標準油種(WTI)の3月渡しが前週末比1.05ドル安の1バレル=53.14ドルと約3カ月ぶりの安値で取引を終えた。 英紙フィナンシャル・タイムズによると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング